新着情報

BLOG

【お知らせ】4月5日・6日の休館について

2016年04月03日

平成28年4月5日(火)と6日(水)は、システム全体移行作業を実施するため、

 

全国の競輪場及び場外車券売場は休館となります。

 

※サテライト徳島も年中無休となっておりますが、上記2日間は休館となります。

 

それに伴い、上記2日間は払戻業務も休止となっております。

 

ご注意ください。

【ブログ】玉野記念決勝プレイバック!

2016年04月01日

3月22日(火) 玉野記念決勝11R

 

1 新田 祐大  福島

2 稲垣 裕之  京都

3 武田 豊樹  茨城

4 永澤 剛   青森

5 牛山 貴広  茨城

6 中村 一将  兵庫

7 神山雄一郎  栃木

8 河村 雅章  東京

9 古性 優作  大阪

並び 1-4 9-2-6 8-3-7-5

 

スピードに勝る新田がV本命。河村番手の武田-神山、古性番手の稲垣にも勝機。

 

スタートは新田選手が取る。永澤選手が続き、北日本コンビが前受け。以降は、古性選手-稲垣選手-中村選手、河村選手-武田選手-神山選手-牛山選手の並び。

 

青板周回、3コーナーで河村選手が古性選手に並びかけると、古性選手は車を下げる。古性選手が下がったのを確認した河村選手、4コーナーで誘導員を下ろして先行態勢。中団は新田選手、古性選手で内外併走になる。2コーナーから河村選手が踏み上げ、打鐘前からハイペースに。

 

4コーナーから古性選手が巻き返すと、これをけん制しながら武田選手が番手から踏み込む!古性選手が合わされたと見るや、最終2コーナーから稲垣選手が自力に転じる!しかし、これも武田選手が合わせ切る!

 

直線で稲垣選手を張りながら神山選手が踏み込むと、牛山選手が中割り鋭く抜け出す!しかし、前でやり合ってる間に脚をためた新田選手が、稲垣選手の仕掛けた外を一気に突き抜ける!永澤選手も続き、北日本コンビでワンツー!3着は、差し脚発揮の牛山選手。

 

名古屋ダービーから中4日。上位陣は疲れがたまっている中で、新田選手が今年初V!昨年10月の向日町以来の6度目の記念V!

【ブログ】第69回日本選手権競輪GⅠ決勝プレイバック!

2016年04月01日

3月13日(日) 第69回日本選手権競輪 決勝11R 名古屋競輪場

 

1 金子 貴志  愛知

2 村上 義弘  京都

3 新田 祐大  福島

4 三谷 竜生  奈良

5 岩津 裕介  岡山

6 野田 源一  福岡

7 深谷 知広  愛知

8 川村 晃司  京都

9 竹内 雄作  岐阜

並び 9-7-1 3-5 4-8-2 6

 

竹内-深谷-金子の中部トリオ。積極策の竹内の番手、深谷が抜け出す!金子がゴール前、差すか!?新田のスピード、その番手、岩津も面白い。

近畿トリオは三谷の頑張りにかかる。

 

スタートは新田選手が取る。岩津選手が続き、前受け。竹内選手-深谷選手-金子選手、三谷選手-川村選手-村上選手、野田選手単騎で周回を重ねる。

 

青板を通過後、三谷選手が1センターから早めの上昇。竹内選手は下げて、三谷選手が3番手。川村選手-村上選手、単騎の野田選手と続く。

 

三谷選手は7番手の竹内選手を警戒。そして4コーナーから一気の踏み出し。赤板で主導権を握る!川村選手-村上選手まで出切り、4番手を新田選手、岩津選手が追走。野田選手は近畿勢に続けず6番手。

 

三谷選手が腹をくくった走りで、後続は一本棒で打鐘を通過。2センター、中部トリオ先行の竹内選手が7番手からの反撃!竹内選手、中団の新田選手に迫る。

 

最終ホーム、川村選手が三谷選手の後ろから番手発進!捲り上げる!川村選手-村上選手に、新田選手-岩津選手が続く!竹内選手は合わされて不発。次は、深谷選手が2コーナーから自ら踏んで出ると、これに合わせて、新田選手が最終バックで捲り打つ!

 

新田選手の捲りを、村上選手が好ブロック!新田選手のスピードが鈍る!これで空いた内を、新田選手マークの岩津選手が俊敏にコースを突く!しかし、ここでも戻ってきた村上選手が締め込み、2人の激しいつばぜり合いで直線へ!

 

立て直した新田選手が外を踏んで再度迫る!岩津選手の強襲を凌いだ村上選手が、返す刀でタテへ踏み込む!押し切りを図る川村選手!ゴール前の接戦!村上選手が川村選手をとらえて優勝!2着は川村選手。3着は新田選手。

 

ハイピッチなレース展開で、獅子奮迅の活躍を見せた村上選手!4度目の日本選手権制覇に、名古屋ダービー3連覇の偉業を達成!グランプリ2つ目の切符を手にしました!

【ブログ】静岡記念決勝プレイバック!

2016年03月07日

3月1日(火) 静岡記念決勝11R

 

1 根田 空史  千葉

2 南  修二  大阪

3 神山雄一郎  栃木

4 片寄 雄己  静岡

5 早坂 秀悟  宮城

6 磯田 旭   栃木

7 竹内 雄作  岐阜

8 小野 大介  福島

9 吉本 卓仁  福岡

並び 4-1-3-6 5-8 9 7-2

 

成長著しい竹内、その竹内マークの好調・南が中心か!?4車で走る、片寄からの根田や、早坂もチャンス。

 

スタートは早坂選手が取る。並びは、早坂選手-小野選手、竹内選手-南選手、片寄選手-根田選手-神山選手-磯田選手、吉本選手単騎。

 

青板周回。片寄選手が2センターから上昇、赤板前で誘導を下ろして先頭に。片寄選手は後方を警戒しながら、2コーナーからアクセル全開!

 

打鐘。片寄選手が懸命に逃げる。そして、竹内選手が4コーナーから反撃!続いて、根田選手がホームから番手捲り!しかし神山選手と車間が空き、根田選手の後ろに竹内選手が入る。

 

最終バックは根田選手、竹内選手、神山選手の順で通過。その後ろ、磯田選手と南選手で絡み合い、ともに後退。根田選手が懸命に逃げる!2センターから竹内選手が捲り追い込むも車が伸びない。すると、根田選手と竹内選手の間を、鋭く突き抜けた神山選手!一昨年の広島以来の記念V!2着は粘った根田選手。3着は2コーナーから捲った単騎の吉本選手。

 

レジェンド神山選手、最年長記念競輪V記録を更新、通算99回目の記念V。今年に入って、調子を落としているようにも見えるが、これで復活の兆しなるか!?ダービーが楽しみです!

【ブログ】奈良記念決勝プレイバック!

2016年03月07日

2月23日(火) 奈良記念決勝11R

 

1 浅井 康太  三重

2 芦澤 大輔  茨城

3 新田 祐大  福島

4 石井 秀治  千葉

5 山内 卓也  愛知

6 三谷 将太  奈良

7 吉本 卓仁  福岡

8 古性 優作  大阪

9 和田 圭   宮城

並び 1-5-2 3-9 4 8-6 7

 

細分戦の中で、グランプリレーサー・浅井と2015年最優秀選手・新田の一騎打ちか!?

 

スタートは浅井選手が取る。山内選手がこれに続き、浅井選手-山内選手-芦澤選手、新田選手-和田選手、石井選手単騎、吉本選手単騎の隊列。古性選手-三谷選手が後方待機。

 

青板から単騎の吉本選手が前に出る。するとその上を芦澤選手が押える。古性選手は新田選手を警戒しながら、赤板目がけて踏み出し主導権を握る。先行態勢の古性選手に三谷選手、3番手に芦澤選手が入り、石井選手。中団に新田選手が収まり、7番手に吉本選手。

 

古性選手がペースアップ。浅井選手は一本棒の8番手。打鐘!2センターから浅井選手が反撃開始!スピードを上げ、最終1コーナーで新田選手の横に並ぶ。石井選手も合わせて出る。が、芦澤選手のけん制で石井選手不発…次は、まだ逃げる古性選手マークの三谷選手が番手捲りを敢行!

 

浅井選手のスピードが違う!バック過ぎで前団を捕える!浅井選手にくらいつく山内選手まで出切る。新田選手がこの中部コンビを猛追!直線!浅井選手が後続を振り切りV!2着は、新田選手を凌いだ山内選手。3着は新田選手。

 

今年初Vの浅井選手。8番手に置かれるも、落ち着いたレース運び、一気のスピードで33バンクを制しました!中部地区・名古屋で行われるダービーでもVなるか!?

【ブログ】全日本選抜競輪GⅠ(久留米)決勝プレイバック!

2016年02月24日

2月14日(日) 全日本選抜競輪決勝11R

久留米競輪場

 

1 新田 祐大  福島

2 稲垣 裕之  京都

3 佐藤慎太郎  福島

4 岩津 裕介  岡山

5 菊地 圭尚  北海道

6 近藤 隆司  千葉

7 脇本 雄太  福井

8 村上 博幸  京都

9 渡邉 一成  福島

並び 1-9-3-5 6 7-2-8 4

 

北日本勢と近畿勢の激突!昨年、GⅠ王者を一人も出せなかった近畿の意地に注目!スピードスター新田の番手・渡邉が好展開をモノにできるか!?単騎の近藤も混戦を抜け出す!?

 

スタートは新田選手が取る。新田選手-渡邉選手-佐藤選手-菊地選手、脇本選手-稲垣選手-村上選手、岩津選手、近藤選手の順。

 

青板4コーナーから動く。脇本選手が一気にカマしに出る!新田選手も誘導員を下ろして踏み上げるも、強引に出た脇本選手が先頭に。単騎の岩津選手、近藤選手も近畿ラインに続く。新田選手は6番手まで下げる。

 

先頭の脇本選手がペースを少し落として打鐘。次は新田選手が2センターから反撃!脇本選手も必死に合わせる。新田選手の自慢のスピード、近畿勢にプレッシャーをかける。

 

稲垣選手が1コーナーで新田選手にブロックを仕掛けるが、止められない!再度、稲垣選手は止めに持っていくも、スリップして転倒!村上選手、岩津選手も巻き込まれて落車!脇本選手は援軍を失い、抵抗する余力も尽きる…

 

これで大勢は決した。バックで脇本選手を抜いた新田選手。さらに、新田選手を渡邉選手、佐藤選手が猛追!今年1発目のGⅠを制したのは、最後抜け出した渡邉選手!2着は佐藤選手、3着は新田選手。

 

福島勢が上位独占!新田選手の頑張りに応えた渡邉選手は見事なGⅠ初V。

【ブログ】国際自転車トラック競技支援競輪(向日町)決勝プレイバック!

2016年02月24日

2月7日(日) 国際自転車トラック競技支援競輪決勝12R

向日町競輪場

 

1 澤田 義和  兵庫

2 星島 太   岡山

3 西岡 正一  和歌山

4 村上 直久  神奈川

5 西川 親幸  熊本

6 才迫 開   広島

7 稲毛 健太  和歌山

8 窓場千加瀬  京都

9 安部 貴之  宮城

並び 8-1 5 7-3 6-2 4-9

 

地元・近畿勢は別線。和歌山コンビのVなるか!?実力拮抗のメンバー。

 

スタートは澤田選手が取る。窓場選手を迎え入れ、前受け。以下は、村上選手-安部選手、才迫選手-星島選手、西川選手単騎、稲毛選手-西岡選手。

 

青板2コーナーから稲毛選手が上昇。才迫選手も合わせて動く。稲毛選手が窓場選手に蓋をしに行くと、窓場選手も合わせて動き4コーナーで誘導を切る。抵抗するかと思いきや、窓場選手は車を引いていく。

 

赤板過ぎに才迫選手が斬った上を、すぐに村上選手が叩き主導権と、入れ替わりが激しくなる。近畿勢が後方で互いにけん制する中、村上選手が打鐘4コーナーからスパート!そして、8番手まで下げた窓場選手が最終ホームからアタック!すると、才迫選手が絶好の4番手から合わせて先捲り!

 

才迫選手は安部選手のけん制を耐えて、2センターで出切るも、星島選手は離れてしまう。人気の稲毛選手も後方で不発。これで、才迫選手の独走!GⅢでS級初Vを決めた!

 

まさに伏兵の一発!誰が優勝してもおかしくはないメンバーでの決勝は、3連単31万円の大波乱で幕を閉じた。

【ブログ】高松記念決勝プレイバック!

2016年02月24日

2月2日(火) 高松記念決勝12R

 

1 浅井 康太  三重

2 原田研太朗  徳島

3 村上 義弘  京都

4 池田 憲昭  香川

5 深谷 知広  愛知

6 有賀 高士  石川

7 山田 英明  佐賀

8 石井 秀治  千葉

9 南  修二  大阪

並び 7 5-1-6 3-9 8 2-4

 

好調・深谷を番手の浅井が差せるか!?地元・四国の原田-池田の一発も。村上も自力で存在感。

 

スタートは浅井選手が取る。深谷選手を迎え入れ、深谷選手-浅井選手-有賀選手の中部勢が前団、原田選手-池田選手の地元コンビが中団、後方に村上選手-南選手の近畿コンビ、単騎の山田選手、石井選手が続く。

 

青板周回のバック過ぎから村上選手が上昇。前受けの深谷選手は車を下げる。これで、赤板前に村上選手が誘導員の後ろに入る。単騎の2人が続き、中団に原田選手、深谷選手は7番手まで下げる。

 

打鐘前の2コーナー、深谷選手が反撃!村上選手はこの動きに察知、抵抗!しかし、深谷選手が強引に力でねじ伏せ、主導権を握る!近畿コンビの逆襲なるか。3番手の有賀選手を南選手が外に弾く。村上選手は3番手で態勢を立て直す。

 

最終2コーナー、村上選手が捲り上げる!浅井選手がブロック、しかし村上選手も耐えて、2人の激しい戦い!そのまま4コーナー。2センターで内を突いた山田選手が浅井選手を飛ばして追い込み、さらに南選手も中割り強襲!

 

ゴール前は大接戦!深谷選手か!?山田選手か!?南選手か!?優勝は深谷選手!内を切りこんできた2人の追撃を僅差で振り切った!2着は山田選手。3着は南選手。

 

深谷選手はこれで記念3連覇!目標としているGⅠ制覇なるか、全日本選抜にいい状態で挑む!

【お知らせ】2月4日・5日の小倉競輪ナイターは開催中止となりました。

2016年02月04日

2月4日(木)と5日(金)に開催予定の小倉競輪ナイターは、

 

急病者多数の為、開催中止となりました。

 

2月4日(木)の小倉競輪の前売券の返還につきましては、発払機にて行っております。

 

また、サテライト徳島以外でお買い求めになられた2月4日(木)の小倉競輪の前売券の返還は、

 

1階有人窓口で行っております。

 

お客様にはご迷惑おかけ致します。

 

サテライト徳島の2月5日(金)の発売場は、

 

京都向日町GⅢ 1日目【国際自転車トラック競技支援競輪・ガールズケイリン開催】

 

大   宮FⅠ 3日目

 

の、日中2場の発売となります。

 

ご了承ください。

【ブログ】いわき平記念決勝プレイバック!

2016年01月29日

1月26日(火) いわき平記念決勝11R

 

1 近藤 隆司  千葉

2 大塚健一郎  大分

3 稲垣 裕之  京都

4 松岡 健介  兵庫

5 吉本 卓仁  福岡

6 吉田 拓矢  茨城

7 山賀 雅仁  千葉

8 坂本健太郎  福岡

9 諸橋 愛   新潟

並び 1-7 4-3 6-9 5-8-2

 

松岡番手のSS班・稲垣が貫録を見せられるか!?大型新人・吉田番手の諸橋、好調の近藤にも勝機!

 

スタート直後はけん制し合うも、近藤選手が誘導員を追う。近藤選手-山賀選手-松岡選手-稲垣選手-吉本選手-坂本選手-大塚選手-吉田選手-諸橋選手の並び。

 

吉本選手が青板4コーナーから動く。吉田選手の上昇を抑え、ホーム過ぎで誘導員を下ろす。そして、吉田選手を受けて3番手を確保。吉田選手に続いた松岡選手が叩きに出るも、吉田選手も出させない。打鐘、そして主導権争い。

 

松岡選手は合わされ、併走を嫌った吉本選手が下げる。稲垣選手は3番手、その後ろに松岡選手。8番手になった近藤選手は、松岡選手を目標にホーム手前から反撃。猛スピードで前団に迫る!この動きに気付いた稲垣選手、2コーナーから合わせて捲り出る!

 

諸橋選手は、稲垣選手の捲りに何もできない!そして、近藤選手を内から稲垣選手が合わせ切る!近藤選手は2センターでついに失速。そのまま稲垣選手が押し切り優勝!2着は、千葉コンビを追いかけ、捲り追い込みで大外を強襲した吉本選手。3着は、直線で稲垣選手にスイッチした山賀選手。

 

稲垣選手は一昨年の松戸以来、5度目の記念V。3人の中でただ1人決勝に残ったSS班として結果を出しました。昨年近畿勢からGⅠ覇者がいなかった。稲垣選手も、今年は自分が!という思いが強いと思います。悲願のGⅠ初制覇を期待しています。