新着情報

BLOG

【ブログ】 岸和田記念 決勝戦 ★プレイバック★

2016年12月09日

12月6日(火) 岸和田記念 決勝戦

 

1  稲川  翔  大 阪

2  山崎 芳仁  福 島

3  村上 義弘  京 都

4  三谷 竜生  奈 良

5  古性 優作  大 阪

6  篠塚 光一  兵 庫

7  林  巨人  愛 知

8  柏野 智典  岡 山

9  脇本 雄太  福 井

 

並び予想

 

9-5-1 4-3-6 2-8 7

 

スタートは脇本が取る。初手は脇本-古性-稲川、三谷-村上-篠塚、林、山崎-柏野の並び。周回が進み、青板から三谷が早めに押さえていくと、脇本は車を下げ、誘導の後ろが入れ替わる。

 

赤板を通過したところで、脇本が7番手から一気の巻き返しに出ると、三谷も誘導を下ろして前に踏んでいく。すると両者で踏み合いになったが、脇本のスピードが上回り、叩いたところで打鐘が入る。三谷は中団に収まり、山崎は8番手に置かれる。

 

先頭の脇本は、一切緩めることなくふかして逃げる一方で、三谷は2コーナーからスパート。最終バック通過し、三谷が横まで迫ると、古性が番手捲りで応酬する。

 

古性は力強くゴールを目指すと、そのまま振り切って地元で記念初優勝を遂げた。稲川がしっかりマークして2着。三谷も諦めずに踏んだが3着まで。

【ブログ】 第58回 朝日新聞社杯 競輪祭 決勝戦 ★プレイバック★

2016年12月01日

11月27日(日) 第58回 朝日新聞社杯 競輪祭 決勝戦

 

1  深谷 知広  愛 知

2  新田 祐大  福 島

3  武田 豊樹  茨 城

4  新山 響平  青 森

5  金子 貴志  愛 知

6  近藤 隆司  千 葉

7  平原 康多  埼 玉

8  芦澤 大輔  茨 城

9  稲垣 裕之  京 都

 

並び予想

4-2 7-3-8 1-5 9 6

 

スタートは新田が取る。新山を迎え入れ、新山-新田の北日本コンビが前受け、中団に平原-武田-芦澤の関東勢、後方に深谷-金子の愛知勢、これに稲垣、近藤の単騎2人が続き、周回を重ねる。

 

青板周回の1センターから、深谷がゆっくり上昇を開始。3コーナーで誘導員を下ろして先頭に立つ。

 

単騎の稲垣がこれに続き、平原は4番手、新山は8番手まで車を下げる。

 

後続の出方をうかがいながら、踏み込む深谷に対して、打鐘前の2コーナーから新山が襲い掛かる。これを確認した深谷もスパート。4コーナーで自ら外に振って、新山を出させなかった深谷が主導権を取る。

 

新山は後退し、新田も外併走で苦しくなる。単独で絶好の3番手をすんなり回れた稲垣が、最終2コーナーから好回転で捲る。金子のブロックを乗り越えた稲垣が、2センターで先頭に躍り出る。

 

これを追う形になった平原が、その外を踏み込み、直線で鋭く抜け出して優勝を飾った。

平原を懸命に追った武田が2着に流れ込み、関東ワンツー決着。ゴール前で末を欠いた稲垣は3着に敗れた。

 

【ブログ】 第58回 朝日新聞社杯 競輪祭 決勝戦 ★展望予想★

2016年11月27日

11月27日(日) 第58回 朝日新聞社杯 競輪祭 決勝戦

 

1  深谷 知広  愛 知

2  新田 祐大  福 島

3  武田 豊樹  茨 城

4  新山 響平  青 森

5  金子 貴志  愛 知

6  近藤 隆司  千 葉

7  平原 康多  埼 玉

8  芦澤 大輔  茨 城

9  稲垣 裕之  京 都

 

並び予想

4-2 7-3-8 1-5 9 6

 

先行は深谷か新山、平原は好位狙って捲り狙いか。

 

新山は先行意欲があると見て、番手の新田を本命に。一人で走っても強いのに、番手なら尚更強い!!グランプリ出場を確定してるだけに、他のメンバーと違い、プレッシャーもそれ程無いはず。

 

対抗には平原を。位置取りの巧さ、武田とのコンビでワンツー狙ってくるはず。

 

深谷-金子の師弟コンビも恐い。。深谷の番手から金子の差し切りも。

 

2=7-39   2=3-79   2=1-57   7=3-28   7=1-25   3=8-257

【ブログ】 武雄記念 決勝戦 ★プレイバック★

2016年11月20日

11月15日(火) 武雄記念 決勝戦

 

1  浅井  康太  三 重

2  中川 誠一郎  熊 本

3  平原  康多  埼 玉

4  荒井  崇博  佐 賀

5  深谷  知広  愛 知

6  澤田  義和  兵 庫

7  山崎  芳仁  福 島

8  東口  善朋  和歌山

9  香川  雄介  香 川

 

スタートは、深谷が取る。浅井-東口が続き前受け、中団に平原-香川、単騎の山崎、後方に中川-荒井-澤田の並びで周回を重ねる。

 

動きが出たのは赤板ホーム、中川が深谷を押さえると、深谷は車を下げる。平原は中川ラインを追走し、中団を確保。深谷は7番手まで車を下げる。後方を警戒しながら、中川が先行態勢で打鐘を迎える。打鐘過ぎの3コーナーから深谷がカマして出る。ホーム過ぎに中川を叩いて主導権を握る。7番手から平原が捲りを打つが車が出ず失速。中川が捲り込むも、浅井に牽制されて車が伸びない。深谷の番手から浅井が抜け出し、武雄記念連覇。内を伸びた澤田が2着に。中川の外を踏んだ荒井が3着に入った。

【ブログ】 武雄記念 決勝戦 ★展望予想★

2016年11月15日

11月15日(火) 武雄記念 決勝戦

 

1  浅井  康太  三 重

2  中川 誠一郎  熊 本

3  平原  康多  埼 玉

4  荒井  崇博  佐 賀

5  深谷  知広  愛 知

6  澤田  義和  兵 庫

7  山崎  芳仁  福 島

8  東口  善朋  和歌山

9  香川  雄介  香 川

 

平原が好位から自力自在に攻めて優勝を狙う!!

平原-香川が本命。対抗は深谷-浅井の中部コンビ。深谷が好調なだけに、浅井とのワンツーも。

 

穴は中川-荒井の九州コンビ。中川次第で荒井の地元優勝も充分ありそう。

 

3=9-154   5=1-834   4=2-16

【ブログ】 防府記念 決勝戦 ★プレイバック★

2016年11月08日

11月6日(日) 防府記念 決勝戦

 

1  竹内  雄作  岐 阜

2  大槻  寛徳  宮 城

3  守澤  太志  秋 田

4  坂上  樹大  石 川

5  原田 研太朗  徳 島

6  坂本  貴史  青 森

7  村上  義弘  京 都

8  吉田  拓矢  茨 城

9  北津留  翼  福 岡

 

並び予想

9 5 8 7 6-3-2 1-4

 

スタートは北津留が取る。初手の並びは、北津留 村上 吉田 原田 竹内-坂上 坂本-守澤-大槻の順で並んだ。

 

レースは青板周回の1センターから動き、まずは坂本が上昇して竹内の横で止まると、竹内は8番手まで車を下げた。また、坂本の動きに合わせ、吉田が上昇して前を切る素振りをみせたが、結局は北津留の後ろに収まった。

 

中団に入った坂本は後ろを執拗に警戒し、前を大きく車間を空けていく。すると、お互いのにらみ合いが続く中、前で痺れを切らせた吉田が、赤板から一気に踏み出し、単独で主導権を奪う。

この動きに反応した村上が、2番手に続き、北津留・吉田の順で前を追っていく。

 

ハイピッチの中、打鐘前から坂本が必死に反撃に出たが、村上の横で力尽きる。最終ホームで2コーナーから番手捲りで応酬。両者の力比べは村上が制して4コーナーに差し掛かったが、その後ろから北津留が空いた内を抜けて、一気に形勢が逆転。北津留はそのまま先頭でゴールを駆け抜け、07年11月の松山以来、9年振りの記念Ⅴを手にした。2着に村上、3着に原田が入った。

【ブログ】 防府記念 決勝戦 ★展望予想★

2016年11月06日

11月6日(日) 防府記念 決勝戦

 

1  竹内  雄作  岐 阜

2  大槻  寛徳  宮 城

3  守澤  太志  秋 田

4  坂上  樹大  石 川

5  原田 研太朗  徳 島

6  坂本  貴史  青 森

7  村上  義弘  京 都

8  吉田  拓矢  茨 城

9  北津留  翼  福 岡

 

並び予想

9 5 8 7 6-3-2 1-4

 

細切れで単騎が4人。ラインは中部2車と北日本3車。力的には竹内有利も、ラインの厚みは北日本勢。

 

原田、吉田、北津留も好調そうだし、村上にも一発の魅力有り。

 

自分の走りができてる感がある選手は、竹内・原田・吉田あたりどこからでも狙える。

 

 

5=8   7=8   1=8

1=4-7589  1=7-4589  1=5-7489

 

穴狙いで、2着3着に守澤を絡めるのも面白い。。

【ブログ】 京王閣記念 決勝戦 ★プレイバック★

2016年11月05日

11月1日(火) 京王閣記念 決勝戦

 

1  浅井 康太  三 重

2  平原 康多  埼 玉

3  渡邉 一成  福 島

4  勝頼 卓也  神奈川

5  佐藤 友和  岩 手

6  新山 響平  青 森

7  近藤 龍徳  愛 知

8  岡田 征陽  東 京

9  山崎 芳仁  福 島

 

並び予想

3-9 1-7 2-8-4 6-5

 

スタートは渡邉が取る。山崎が続き、福島コンビが前受け。

以下の並びは、浅井-近藤の中部勢・平原-岡田-勝頼の関東勢・後方に新山-佐藤の東北コンビで周回を重ねる。

 

動きが出たのは青板バック過ぎから、新山が前を押さえる。

赤板ホーム過ぎから上昇して、打鐘過ぎに先行態勢に入ると、渡邉は車を下げる。

 

新山ラインは平原が追う。浅井は関東ラインの後位に収まる。新山は最終ホームから先行。2コーナー過ぎに平原が捲くりを仕掛けると、一気に前団を飲み込み、関東3車の争いで4コーナーを回る。番手の岡田がゴール前で平原を交わし、嬉しい地元記念優勝。

2着は捲った平原。3着に勝頼が入った。

【ブログ】 熊本記念in久留米 決勝戦 ★展望予想★

2016年10月23日

10月23日(日) 熊本記念in久留米 決勝戦

 

1 中川 誠一郎  熊 本

2 神山 雄一郎  栃 木

3 脇本  雄太  福 井

4 永澤   剛  青 森

5 香川  雄介  香 川

6 桑原  大志  山 口

7 林   巨人  愛 知

8 井上  昌己  長 崎

9 早坂  秀悟  宮 城

 

並び予想

9-4 3-72 1-8-5-6

 

脇本の脚力が一枚上手。後位が競りだけに走り辛さもあるが、先行にこだわる必要もないだけに、中川・早坂の動きを見ながら捲り勝負でも勝てる。

 

対抗は中川。4車の利を生かしながらも、地元だけに勝ちにこだわる競争になりそう。得意の捲りで勝負!!

 

2車ながらも早坂が、脇本・中川相手に積極的に攻めてきそう。早坂が得意のカマシを決めれば、番手の永澤にチャンスあり!!

 

3=1-825   3=2-185   1=8-532

 

穴で 4=9-312

 

【ブログ】 千葉競輪 決勝戦 ★プレイバック★

2016年10月20日

10月18日(火) 千葉記念 決勝戦

 

1 吉澤  純平   茨 城

2 新田  祐大   福 島

3 荒井  崇博   佐 賀

4 小林  大介   群 馬

5 山田  孝司   神奈川

6 柳詰  正宏   福 岡

7 椎木尾 拓哉   和歌山

8 濱田  浩司   愛 媛

9 深谷  知広   愛 知

 

並び予想

9-7 1-4 8 3-6 2-5

 

スタートは椎木尾が取る。深谷を迎え入れ、荒井-柳詰、新田-山田、吉澤-小林、単騎の濱田の並び。

 

赤板の1コーナーから吉澤が上昇すると、深谷は車を下げて打鐘過ぎに誘導員も退避する。吉澤の動きに続いた荒井が、4番手を確保し、6番手はうちに深谷、外が新田で併走。

最終ホームから吉澤がペースを上げると、内で踏み遅れた深谷を締め込んで、新田が単独の6番手になる。

 

ここで椎木尾は切り替えて深谷は9番手。小林・荒井がそれぞれ車間を空けて、後続の仕掛けに備えるが、新田はしきりに深谷を警戒して動かない。

 

深谷のバック捲くりでようやく新田も仕掛けたが、2センターから荒井が合わせて巻き返す。

荒井を張りながら小林が踏み込むと、あおりを受けた新田、深谷は外に膨らみ不発。空いた内を濱田が抜け出したが、小林の牽制を耐えた荒井が、2年振り通算13回目の記念優勝を飾った。